歯列矯正

50代からの歯列矯正【歯科選び】

ついに53歳で歯列矯正をはじめました。

結論から言うと、このブログを書いている時点ですでにワイヤーが入っているのですが、思い出しながら時系列で経過を書いていこうと思います。

矯正歯科選びの条件

矯正をするにあたって長い付き合いになる矯正歯科選びは重要・・・と、X(Twitter)で知ってから、自宅から通える範囲の歯科クリニックをネット検索しました。

条件は3つ。

  1. 家から近い所で、自転車で通える範囲
  2. 矯正専門歯科ではなく、一般歯科もやっているところ
  3. 重度の乱杭歯でもマウスピース矯正ができるところ

 

1の条件は、一番重要でした。

たとえ評判のクリニックだとしても、電車で通わなくちゃいけないのは面倒!矯正が終わった後もメンテナンスで通うとなると、面倒くさくなって行かなくなるのは目に見えています。そうなるとせっかく揃った歯列が戻ってしまう…。それに、電車の行き来で半日~1日がつぶれてしまうのはイヤだったからです。

2の条件は、X(Twitter)情報からでした。

歯列矯正中には、虫歯治療・抜歯・クリーニングなどで一般歯科にかかることも多くなるため、一カ所でまとめて予約できた方が効率がいいと思ったからです。なにしろ年齢が年齢なので、1日でも余分な時間をかけたくない!目標は、離婚Xデーの2027年ごろまでに矯正を終えたかったのです。

3の条件は、当初の希望でした。

でも結論から言うと、マウスピース適用外の重度の乱杭歯だったので諦めました。2箇所のクリニックで無理と言われたので、きっとどこに行っても同じだろうなと思って早々に条件から外しました。

 

矯正歯科、決め手となったこと

上記の条件に当てはまるクリニックは4件ありました。

最初に無料相談に行ったのは、家からすぐの新しめのクリニックです。2023年9月中旬のことでした。

ホームページを見るとインビザラインを扱っているということで行ったのですが、いざ話を聞くと「やっていません」との返事。別の国産メーカーのものを使っていると言われました。今どき新規の患者さんならホームページを見て来院するのは当たり前なのに、ホームページの情報が間違っていることにまず不信感でした。そして決定打となったのは、医師の態度の悪さ。終始上から目線で、質問に対して小バカにしたような冷笑を返されたので「あぁ、ないわー」と即候補から外しました。長い付き合いになるのに最初がコレではねぇ…

2件目は、自転車で12~13分ぐらいの駅前のクリニックです。2023年10月下旬のことでした。

結論から言うと、この2件目のクリニックにお世話になることにしました。担当は女医さんなのですが、お医者様というよりは面白い保育士さんみたいな感じ・・・インパクトがありすぎて(笑)。もうここで決めちゃおう!と勘だけで選びました。

クリニック決定、そして検査へ

この歯科クリニックは、一般歯科、矯正歯科、口腔外科、小児歯科、マタニティ歯科、審美歯科・・・と、いろんな治療をやっています。上に挙げた2番目の条件を満たしているし、ホームページもそれぞれの内容で独立して作られていて、患者さんのことをよく考えてくれているのが好印象でした。そしてなによりお医者様も受付の方々も感じがよかった!

無料相談のその日のうちに、矯正前検査を予約して帰りました。あとから知ったのですが、相談直後に検査予約をすると検査料が1万円引きになるらしく、思わぬ形で得してしまいました。

検査は2週間後です。

 

続きはコチラ…↓

50代からの歯列矯正【矯正前検査と虫歯治療①】前回の続きです。 https://start-50s.com/kyousei-001/ 無料相談の診断結果 矯正無料相...

 

 

ABOUT ME
ぴんす
つらい更年期を経て、健康とヤル気を取り戻したアラフィフ女。子どもたちも手を離れたので卒婚を決意。残りの人生は、自分の生きたいように生きるための雑記ブログです。